会員サイト

HOME > INFORMATION > 飲食店等でLPガスをご使用の方々へ ガス機器を使用する際には必ず換気をしましょう

INFORMATION

INFORMATION飲食店等でLPガスをご使用の方々へ ガス機器を使用する際には必ず換気をしましょう

業務用厨房施設において、一酸化炭素中毒事故が頻発しています。


  1. 業務用厨房のLPガス機器による一酸化炭素中毒事故のほとんどが換気設備を適切に使用していない(スイッチの入れ忘れ等)ことが原因と考えられます。
  2. 業務用厨房ガス機器は、プロ向けであるため、ガス消費量・使用頻度が多く、劣化が進みやすく、その場合高濃度の一酸化炭素が発生することがあります。
  3. 経営者の方はもちろん、業務用厨房ガス機器を使用される全ての方は、以下の点について、徹底していただくようお願いします。
    ガス消費機器を使用する際には、必ず換気設備を稼働させてください。
    ガス消費機器の火がつきにくい、異臭がする等の際には、至急LPガス販売店の点検を受けてください。
    一酸化炭素警報器の設置、一酸化炭素濃度の測定、排気ダクト等の換気状況、機器の排気部のスス、つまりなどについても、LPガス販売店にご相談ください。
  4. 「業務用換気警報器」の設置をおすすめします。

*経済産業省作成のチラシもご覧下さい  


戻るページトップへ