会員サイト

HOME > お客様向け > LPガスの正しい使い方

イメージ:お客様向け

お客様向けLPガスの正しい使い方

災害時の対策


地震のときは

地震でいちばん恐いのは、火災による二次災害です。揺れがおさまるのを待って、あわてず、落ち着いて火の用心を心がけましょう。

・ガス栓・器具栓をすべて閉めてください。
・室内の火を素早くすべて消してください。
・電気のブレーカーを落としてください。


火災のときは

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。


台風・洪水のおそれがあるときは

容器バルブを閉め、容器が倒されたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。


容器バルブの閉め方

容器バルブの閉め方
災害のときに容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。容器バルブの閉止は時計と同じ右回しです。

マイコンメータの元栓も閉めましょう
マンションなど集合配管のお宅は、マイコンメータの元栓を閉めてください。
*バルブを閉めることが困難な一人住まいのお年寄りの方などは、みんなで助けてあげましょう。

特に雪の多い地方の方々へ
雪で容器が埋まったり、屋根からの落雪で調整器や配管、メータなどがこわれるおそれがあるので、雪囲いや容器小屋を設置してください。なお、雪囲いや容器小屋のまわりは除雪してください。


戻るページトップへ